読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココたす

日々感じたことを書いていきます☆

親子でできるストレッチ☆

こんにちは♪naomiです(^^)


たまたま見つけたこちらの記事…

event.dai-ichi-life.co.jp

 

第一生命さんが大人になったらなりたいもののランキングを載せていたのでみてみました♪

2016年に関しては

男の子のベスト3が
1位  サッカー選手
2位  学者・博士
3位  警察官・刑事

女の子のベスト3が
1位  食べ物屋さん
2位  保育園・幼稚園の先生
3位  学校の先生(習い事の先生)


と、男の子は毎年スポーツ選手が1番になることが多いみたいですね(^^)
やはりサッカー・野球はテレビで中継されることが多いスポーツですし、習い事でも少年団が多いスポーツではないでしょうか?

個人的にはこれからバスケットボールもプロリーグができましたので、これからランキングに入ってくるのではないかと期待しています☆


さて、そんなスポーツ選手ですが、小学生や中学生のうちはカラダのケアなんてしらないと思いますし、あまり教えられていないと思います。
少年団で活動している小学生の子たちは週に2日ほど(土日が多いのかな)練習しているのに、練習後にクールダウンをしているところを見たことがありません。


クールダウンをしない
  ↓
疲れが取れない
  ↓
筋肉が固まった状態のまままた運動をする
  ↓
怪我をしやすいカラダになる!!(カラダが硬い子)
  ↓
怪我をしてしまう
  ↓
治るのに時間がかかる、または、大きい怪我をしてしまう
  ↓
競技を辞める


といような流れができているのが、現状じゃないでしょうか?


せっかくスポーツ選手になる夢を見ても、中学生でカラダを壊して夢を諦めてしまう…

そんな悲しいことがたくさん起こっています。

運良く知り合いにトレーナーさんや、通っている接骨院などあれば回避できるかもしれませんが、中々ないのが現状だと思います。


そこで、今回は親子でできる簡単なストレッチを紹介します(^O^)
見たことあるのが多いと思いますが、ポイントをしっかり掴むことでストレッチの効果は倍増します!

ではまず一つ目!こちらです

f:id:camomille7070:20170312134934j:plain


このように手をとって脇腹のところを伸ばします。
この時の注意点ですが、手を引っ張ることが重要なのではなく、脇腹を伸ばすことがまず大事なのと、伸ばしている脇腹が痛気持ちいいくらいのところで止めることがたいせつです(^^)
無理やりひっぱってしまうと筋肉を痛めてしまう恐れがありますので気をつけてください☆これのかたちで15秒くらい伸ばしてあげましょう。

続いて二つ目はこちら!

f:id:camomille7070:20170312135829j:plain

お互いに向き合って開脚です。
ただ、大人と子どもでは足の長さが違いますので無理に同じ角度に合わせる必要はありません。お子さんの足裏をおとなの方のふくらはぎあたりで止めてあげるイメージです(^-^)

そのまま交互にカラダを前と後ろにゆっくり動かしていきましょう。
伸ばしている筋肉はモモの裏側です。
カラダを前後に動かすことにより股関節周りの動きをつけることができます♪
注意点としては前後に動かす時に腕だけでやらないこと、そしてゆっくり動かすことです。これも急に動かしてしまうと股関節を痛めてしまうかもしれませんので気をつけてください!



まずはこの二つをご自宅で試してみましょう☆
まずはカラダの中でも大きい筋肉の柔軟性を上げていくのがポイントです(^O^)